みなさまのすこやかな毎日のために

お電話でのお問い合わせはこちら
048-642-6000
メールでのお問い合わせはこちら
お薬百科
服薬・用法について
1 お薬の服用方法がよくわからない。 毎食後:朝・昼・晩の3回、それぞれの食事の後30分以内に飲んでください。
毎食前:朝・昼・晩の3回、それぞれの食事の前30分以内に飲んでください。
毎食間:朝と昼の食事の間、昼と夜の食事の間、夕食後と寝る前の間に飲んでください。
食事が不規則な方は、おおよそ食事の3時間後くらい。または空腹時に飲んでください。
就寝前:寝る前30分以内に飲んでください。
2 子供に上手に粉薬を飲ませる方法はありますか? 粉薬やシロップ薬は、ジュースやヨーグルト、アイスクリームなどに混ぜて飲んでも構いませんが、
混ぜてから飲むまでにあまり時間がかからないようにしてください。
また薬は必ず全部飲んで、残さないように気をつけてください。
3 薬って絶対、お酒といっしょに飲んだらいけないの? 全ての薬がそうではありませんが、確かに「お酒と一緒に飲んではいけない薬」が多いのも確かです。
風邪薬、痛み止め、熱さまし等のお薬がそうですが、詳しくは薬剤師にご相談ください。
4 コーヒーやお茶・紅茶・ジュースで飲んでも大丈夫? ほとんどのお薬は大丈夫ですが、中には気をつけた方が良い薬もあります。
貧血の薬の一部にはコーヒーやお茶の成分が、お薬の吸収を妨げてしまう物があります。
高血圧の薬の一部には、グレープフルーツ・ジュースと飲み合わせの良くないお薬があります。
詳しくは薬剤師にご相談ください。
5 お薬は飲んでからどのくらいしたら効いてくるの? たいていの飲み薬は飲んでから30分は経たないと効いてきません。
これは口→食道→胃→腸…血液→患部と薬の成分が体の中を移動して
効果が出てくるようになるまで、そのくらいの時間がかかるということです。
飲み薬でない薬ならもっと早く効く薬がありますが、使用には注意が必要です。
詳しくは薬剤師にご相談ください。
6 お薬はどのくらいの時間効いてるの? お薬によって千差万別です。
あくまでひとつの目安ですが、基本的に一日3回服用の薬は3~4時間くらい、一日2回服用の薬は7~8時間くらい、
一日1回だとおよそ24時間くらい効いています。 詳しくは薬剤師にお尋ねください。
7 「とんぷくやく」って何ですか? 普通の飲み薬は食事とのタイミングや効果時間などで飲む時が決まっていますが、
頓服薬(とんぷくやく)は「痛い時」や「下痢をした時」など、治したい症状が出た時だけ使うお薬です。
8 塗り薬の使い方は全部いっしょですか? 一緒ではありません。
使い方を間違えると、使用目的と全く違ったことになってしまうこともありますので、
お薬が出される時に、よく使用方法を聞いてお使いください。
9 坐薬の使い方がよく分からないのですが? 直腸の粘膜からお薬の成分を吸収する薬で、飲み薬よりも多少速く効きます。
お薬が無駄にならないように、排便を済ませた後に、肛門から尖っている方を先にして入れてください。
指一本くらい中に押し込んで、異物感を感じない所まで入れてください。
入れた後は激しい運動はしばらく控えてください。
幼児の場合などは四つんばいになって入れたり、
おもちゃなどを手に持たせて気をまぎらわしながら入れてあげると、比較的楽に入るようです。
10 シップはいつ頃貼りかえればいい? 一番よく使われる、炎症や痛みを鎮めるためのシップは、一日2~3回くらい取り替えればいい物が多いようです。
その場合は朝と、夜。特に夜はお風呂から上がった後に、皮膚がきれいなうちに貼りかえると良いでしょう。
また張り薬の中には、別な使用方法の物もありますので、ちゃんと使用方法を聞いて使用してください。
11 薬も使用期限があるのですか? お薬は数年間の使用期限のものが多いですが
期限内であっても、保存方法に問題があれば、変質してしまって使用できなくなってしまうこともあります。
詳しい使用期限は調剤された薬局にお聞きください。
12 もらったばかりの薬なのに、すごくヘンな臭いがするんだけど大丈夫なの?? 市販の薬とは違って、医療用の薬というのは、香料などで香りを調整してない物がほとんどですので、
必ずしも“良い匂い”の物ばかりではありません。
中には新品にも関わらず腐敗臭に近い臭いがする物もあります。
子供用でない粉薬(特に漢方薬)などは特にこの傾向が強いようです。
13 医者から出る薬と薬屋で買える薬は違うの? 同じ薬も中にはありますが、たいていは違うと思ってください。
似たような名前でも、使用目的が同じだけで、成分または含有量などが違う場合がほとんどです。
医療機関でないと出せない薬というのは、効き目が市販薬に比べて強いため、
患者さんの素人判断だけで服用するのは望ましくないことが多く、
診療のプロである医者の確かな診断に基づく治療の一環として用いられなければならないとされているお薬です。
“よく効く薬”というのは、安易に使ってはいけないということをご理解ください。
14 なぜ毎回病院で処方せんをもらわなければいけないのですか?直接薬局で薬を買いたいのですが? 患者さんにとっては「ほとんど症状が変わらないから同じお薬でいい」と思っても、
人の体は生命活動を行っていますから、素人判断では同じ状態かどうかを言い切ることはできません。
またお医者さんには治療計画というものもあります。
お医者さんを通さずに直接薬局で薬をもらうということは、「患者が自己診断をして医薬品を使用する」ということになります。
『診断』による医薬品の使用は医師の資格を持つ人にしか許されていません。
これは患者さんだけでなく、薬剤師でも同じことで、薬剤師だけの判断で、勝手に薬を出したり、変更したりはできません。
必ず医師の承諾が必要になります。
医療用医薬品という物は、ぞんざいに考えてはいけない物だということをご理解ください。
15 副作用って何? 「治療目的以外の薬の作用」です。
必ずしも「悪い作用」や「余計な作用」ばかりとは限りません。
例えば貧血の薬やビタミン剤の一部には尿の色が異常に見える物がありますが、心配しなければならないような作用ではありません。
しかしもちろん中には「特定の薬の作用を弱める薬」や、飲み合わせなどによって、
重篤な作用が起きやすくなる薬もありますので、心配な場合は薬剤師にお聞きください。
一般的な食事、病気の食事について
1 カゼをひいて、熱のあるときはどんな食事がよいのですか? カゼに限らず熱がある時には、つとめて水分を採るように気をつけてください。
またカゼにはビタミンCが効果がありますので、ビタミンCを多く含む物を食べるのがお勧めです。
熱のある時には食欲が無くなることが多いのですが、何も食べないと回復も遅くなるので、
スープやジュースなどの水様物だけでもお腹に入れるようにしてください。
ドリンクなども、少量で栄養が取れるのでお勧めです。
(カゼの場合は、ビタミンCが含まれていて、カフェインができるだけ含まれないものがお勧めです)
2 腹の調子が悪いときはどんな食事がよいですか? 胃の調子が悪い時には、消化の悪い食べ物や、香辛料をきつく利かせた物や、極端に熱い物や冷たい物は避けるようにしてください。
唐がらし・マスタード・からし・わさび・キムチなど、辛い物。揚げ物(てんぷら・フライなど)油分の多い食品。
コーラなど、炭酸飲料。人によっては牛乳なども避けた方が良いでしょう。
腸の調子が悪い時は、冷たい物は避けてください。
また、嘔吐や下痢をしている場合は、水分が体の外に出てしまって脱水症状になりやすいので、つとめて水分を採るように心がけてください。

【消化の良いもの(胃の負担の軽いもの)】
※水分が多く、あまり歯ごたえのないやわらかい食物。
スープ、ポタージュや味噌汁などの汁物。うどん、蕎麦(やわらかい麺類)
おかゆ・雑炊・リゾット(ご飯を水分でやわらかく煮たもの)大根おろし、軟らかく煮た大根、
豆腐(あまり冷たくしない方が良い)、ゼリー、ヨーグルト、バナナ、果物のすりおろしなど、
柔らかくて水分の多い食べ物がお勧めです。味付けは薄めの方がよりベター。
3 高脂血症の食事は? 高脂血症は、血液中のコレステロールという油脂が必要量よりも多くなる病気です。
できるだけ油脂を減らす食事を心がけてください。
4 糖尿病の食事は? 糖尿病は糖分を分解する酵素が不足する病気ですので、できるだけ糖分を減らすよう心がけてください。
糖分は“甘いもの”だけではなく、パン・ご飯・麺類などの主食やお酒にも含まれます。
5 高血圧の食事は? 塩分に気をつけましょう。
下味はなるべく避け、味を感じやすいよう表面にさっと味を付けるなどの工夫をすると薄味になれない方にも食べやすくなります。
素材の味を生かした食事にもこころがけましょう。
6 通風の食事は? プリン体を含む食品を避けるようにしてください。
魚卵、とくにたらこ、すじこ、数の子などはさけましょう。
7 骨粗しょう症の食事は? 骨粗しょう症は加齢やホルモンバランスなどによって、骨がもろくなってくる症状なので、
骨を丈夫にするような食事を採らなければいけませんが、
骨の主成分になるカルシウムは吸収されにくい栄養素なので、
カルシウムだけではなく、ビタミンDも一緒に採るようにすると、効率的に摂取できます。
その他 調剤薬局について
1 調剤薬局と一般薬店の違い(医療用の薬とOTCの違い) 「調剤薬局」とは診療所・病院から発行される“処方箋”と引き換えに、医療用薬品を調剤し、患者さんに渡す薬局です。
「一般薬店」はいわゆる“ドラッグストア”で、患者さんご自身が選んで
あるいは薬店の店員の助言などによって、OTC(市販薬のこと)を購入するお店です。
同じように“薬局”と呼ばれますが、扱う薬品も、薬剤師の役割も全然違います。
2 何故、医院と薬局が分かれているのですか? (医薬分業の意味について)
基本的にお医者さんから出る薬は、一人のお医者さんからの薬を処方どおりに飲むだけなら、
大丈夫なようにお医者さんが考えて処方されています。
ただ、患者さんは必ずしもお医者さんの思った通りに薬を飲んでいるわけではなく、
飲み忘れたり、逆に多く飲んだり、また他の医療機関で、別に薬を出されて、それも飲んでいたりすることがあります。
――多くの薬による事故や副作用はこれによって起こります。
つまり、お医者さんは患者さんが他の医療機関でも薬をもらっていることを知らず、
また患者さん自身も、薬の重複や飲み合わせなどの知識が無いため、薬の使用を誤ってしまうということです。
(誤った使用とは、必ずしも多く飲みすぎた場合だけではありません。中には急に使用を止めることで症状が悪化する薬もあります)
また、お医者さんというのは、膨大な知識を必要とする職業なので、
診断を下すのは必ず医師に限りますが、薬の使用法自体は、意外と把握しきれていない場合もあります。
薬剤師というのは薬の使用についての専門家で、医師の手が回りきらない薬の細かいケアを行い、
また病院と薬局を分けることによって、あちこちの病院で薬を処方しても、総括して薬の管理をすることが可能になります。
2つ以上の医療機関でお薬をもらっている方は、お薬はひとつの薬局でもらうようにされることをお勧めします。
3 なぜ薬局でもアレルギーなどのアンケートを取るのですか? アンケートは強制ではありませんが、
お薬をお出しする上で確認しなければならないことについてお聞きしていますので、
できればご協力いただけるようお願い致します。
当薬局で、最初に来局された患者さんに書いていただくアンケートでは、以下のようなことをお聞きしています。
・患者様の連絡先について
ご本人の確認と、万一の際のご連絡のためにお聞きしています。
当薬局では間違いの無いように色々な予防措置を行っていますが、
それでも間違いの起こる可能性というのは完全に無くすことはできません。
また間違いでなくても、お薬の一部が足りない場合や、病院からの要請でお薬が変更になる場合や、
厚生労働省またはメーカーなどからお薬の回収要請が出ることなども過去にはありました。
ほとんどの患者さんには特にご連絡を差し上げることはありませんが、
中にはやむを得ずご連絡させていただく場合もあるということをご理解ください。
※個人情報は流出のないよう厳重に保管されています。

・体質について
お薬の副作用について一番怖く、また予測がしづらいのがアレルギーです。
アレルギーを完全に防ぐことは難しいのですが、できる限り避けるために、
アレルギーのある方は、あらかじめお聞きすることによって、飲む前に避けることができます。
患者さんの体質や体の状態によっては、お薬の相性が良くないということもありますので、お聞きしています。

・お仕事について
お仕事の種類によっては、お薬による影響が心配になることがあります。
全ての方のお仕事について詳しくお聞きしているわけではなく、
特に薬の影響が心配される事に関して、選択式でお聞きしています。

・嗜好について
普段何気なく飲んだり食べたりしている嗜好品も、
一緒に採ると薬に影響を及ぼしたり、病気の症状に影響を与えたりするものがあります。

・当薬局以外でのお薬の使用について
副作用で一番怖いのが“飲み合わせ”です。
一番肝心な質問とも言えます。
医薬品は薬の相互作用に必ず注意をしれければいけませんので、必須項目です。
これについては、初めての時以外でも、新しいお薬を服用されるようになったら、必ずお知らせくださるようお願いします。

・病歴について
お薬の中には「腎臓の悪い人には使わない方がいい薬」など、
体質や病歴によって使用方法を変えなければいけない薬があります。
「もう治療済みだから関係ない」と思わずに、必ずお知らせくださるようお願いします。